スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャカリキ!

私はいわゆるベッドタウンに住んでいます。
東京駅まで電車一本で30分あれば余裕で着ける、一見良い条件の場所に住んでますが、問題は最寄り駅までの距離!

電車に乗ってる時間より、家を出て電車に乗るまでの時間のほうが長いってどーよ!?

近郊都市なんて、どこも似たようなモンかもしれません。
私が住むエリアは比較的都会地ですが、私の家の周辺は古い大地主さんがガッチリ土地をキープしているので、なかなか開発が進まず取り残された感がありありな雰囲気です。

愛媛在住の友人がウチに遊びに来た時に、しみじみ言われてしまいました。
「田舎っていいね~」
反論の余地ナシ!

いいところもあるのよ。
不便な場所のせいで、アパートの家賃が安いのです。
都内だとワンルームくらいの家賃で、2LDKが借りられます。
周囲は自然が多く、つーより手付かずの荒れた森林や税金対策の為か広大な農地の一角で形ばかりの畑を作り直売りしている農家さんの多いこと!
おかげで新鮮で美味しい野菜が安く買えます!

地主さんも代替わりして、ちょっとずつ農地が宅地へと変わりつつありますが、道一本間違えると林道や森に迷い込んだりとか、不思議な町だなーと思います。
広大な竹林に迷い込んだ時、その中に家が一軒建っていて、人が暮らしているのを見た時は感動したなー!!

困ったトコロも多々ありますよ!
交通費がベラボーに高い!!

バブルのはるか以前から計画されていた交通システムが、バブルが弾けて空白の10年もとうに過ぎた頃にようやく完成して、とても便利になりました。
ベッドタウンにありがちですが、商業施設が何も無いのに住宅が密集していて人口がやたら多いせいで、朝の通勤ラッシュの道路は凄まじく渋滞していて、最寄り駅までバスで1時間以上かかるというふざけた環境が多少改善されました。

バスの混雑ぶりもそりゃ凄くて、途中の停留所からはお客を乗車させる余裕が無くなるので、停留所でバスを待つ人を無視して素通りせざるを得なくなります。
で、途中の停留所で待つ人々は、何度もバスに素通りされちゃうので、
「私たちはここにいます!見捨てないでー!!」
という悲壮な空気を纏い、皆一様にバスに向って自分達の存在をアピールするため必死で手を振ります。
泣ける光景です。

で、そんな環境が改善されたコトと引き換えに、バカ高い運賃を払って電車に乗るんですよ。
都内の友人達は、ウチに遊びに来るのをイヤがります。
交通費が高いから。
そうだよね。
都内に住んでると、営団線は安いし、タクシーに乗ってもワンメーターでどこでも行ける感じだもんねー。

私はタクシーに乗るの、すごく抵抗があります。
終電逃してタクシーで帰るくらいなら、どこかで泊まったほうが安いくらいだもんね。
でもそんなことを繰り返していると出費がかさんで家計はあっと言う間に火だるま状態に!

住宅環境は落ちるけど、都内で暮らしたほうが便利だし出費はプラマイゼロって感じかも・・・。

東京まで30分って言っても、トラブルで電車が止まったらもうどうしようもないしねー。
モトからある距離感を交通システムをフルに使って縮めてるダケなので、一度システムが破綻したら家までの距離は遠い遠い遥かな銀色の道になっちゃうワケですよ!

23区内なら狭いし、雪が降っても帰るのが遅くなってもナントカ帰れるという安心感はありますね。
湾岸エリアは論外ですが・・・。

とか言いつつ、高い運賃払うのイヤでどこに行くにも基本は歩きか自転車という今の生活。
貧乏の強みは、金は無くとも時間はあるという、学生のようなライフスタイル!
時間だけは無駄に消費できるという、ある意味贅沢な生活。

だからさ、私は都内に行くのも自転車なのです。
大手町あたりを自転車で疾走していると、「地元の人かな?」とか思われていそうですが、もちろん大半の人は地元の人でしょうし、レンタル自転車の人かもしれないし、自転車便の人かもしれません。

でもその中には、東京近郊都市から3時間かけて自転車でやって来た、ヒマなオンナも混ざっているのですよ。ふふふ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

うめ

Author:うめ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。