スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微笑む人々

真夜中、タクシーの運転手さんが乗務中、前方で爽やかに微笑みながら手を上げる身なりの良い紳士に気づきました。
もしかして上客か!?長距離乗ってくれるかなー?
などと期待して車を止め、後方のドアを開けました。
しかし紳士は乗車する気配も無く、相変わらず爽やかに手を上げたまま動こうとしません。
「お客さーん?」
呼びかて、運転手はようやく気づきました。
「選挙ポスターかよ・・・」

選挙用のポスターは、何故ああも無駄に爽やかに微笑んでいるのだろう?
オムロンが開発したリアルタイム笑顔度測定技術なるもので測ると、笑顔度が数値化出来るそうです。
コレで測れば、選挙ポスターは軒並み100パーセント近い、ありえない笑顔度が算出されそうで、コワいです・・・。

選挙ポスターって、絶対修正されてるよね。
しかも通常ではありえないくらいの大幅修正。
顔のパーツなんか、場合によっては福笑よろしく思いっきりいじってそうです。
既に修正の域を超えてます。
改ざんデスよ!

私の住む県では、地方にありがちな長期政権で、前県知事は20年、前市長は16年もその座に居座り続けました。
現知事と現市長は、いつまで続けるつもりなのだろうか?

で、まあ選挙のたびに代わり映えのしない顔の選挙ポスターを眺めておりました。
そんなある日、地元でちょっとしたニュースがあり、前市長(当時現職)がテレビ出演したんですが、その顔みてビックリしたのなんのって!
「アレ誰!?」って思いましたよ!

明らかに毎度選挙ポスターでしか見たコトないアノ顔と、別人じゃんかー!!
いえ、正確には、若々しい選挙ポスターとかけ離れたお爺ちゃまが、そこに居ました。

運転免許やパスポートの申請に使う写真だって、過去6ヶ月以内撮影のモノに限るってキマリがあるのに、選挙ポスターにはそういうルールは無いんですか?
修正OKですか?
それって詐称にはならないの?

そりゃ私だって、やさしい試着室の鏡は大好きです。
細く写るプリクラ大歓迎です。
ありのままを写した自分の写真を見て「私って写真写り悪い~!」と現実逃避しまくりの意気地なしデス。

でもさー、20年もアンチエイジングしたような修正写真を選挙ポスターに使うのは反則じゃないのかなー?

なーんていう私と同意見の有権者が多かったせいかどうかは分かりませんが、その後の選挙で市長が交代して長期政権にピリオドを打ったのでした・・・。

現在、隣のお宅の塀に、政党ポスターが貼ってあります。
やはり、ありえないくらい爽やかな笑顔の議員さんのポスターです。
毎朝玄関を開けると、そのポスターと目が合います。
あまりの巨大なアップにいまだ慣れず、毎朝ビビります。

多分笑顔度120パーセント。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
あまりに満面の笑みだとかえって胡散臭いカンジ。
ナニか企んでそうで、コワいです・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

うめ

Author:うめ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。